どうして人間関係は壊れるのか?

今日は、「どうして人間関係が壊れるのか?」ということについて書きます。

結論から言うと、相手に対して、悪いことをすると
人間関係は壊れます。

具体例を挙げます。

・自分の利益のために、相手を利用しようとする。

・相手を操作しようとしたり、コントロールしようとする行為

・相手の成功に対して、妬む。

・陰で相手の悪口を言う。

・相手に対して、自分自身が「よくないな〜」って思っていることを相手にやる。

こんなことをすると、相手に対して、罪悪感を抱き、
相手との関係に分離間が生れます。

これがその人との距離感を作ります。

これが人間関係を壊す理由です。

私たちの意識はとても神聖です。

それが、上記のようなことをすると
自分自身が汚されます。

他の人にはバレないかもしれませんが
自分自身は知っています。

そしてこういったことをすると
自分が自分のことを嫌いになります。

こうなったら、日常的に
イライラしてきたり、怒ったりします。

それで、相手に八つ当たりしたり
怒りをぶつけたりするようになります。

じゃあ逆に、人間関係をよくするには
どうしたらいいでしょう。

それは、他人を大切に扱うことです。

自分がしてほしいように、相手のことを敬意を持って
扱うと言うことです。

思いやりや優しさの気持ちを持って接します。
誰に対しても、家族のように、優しい気持ちを持って、接することです。

相手の立場を理解してあげる。相手のお話を聞いてあげる。

これも人間関係をよくします。

冷静に考えてみれば、そりゃそうですよね。

相手は、自分のことを敬意を持って接してくれたり
優しくしてくれたら、その人のことを好きになります。

これが人間関係をよくするの秘訣です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です