継続できる仕組みを作る。

今日は、継続する仕組みについて、書きたいと思います。

実は、数ヶ月前に、これ、買ったんですね!

腹筋鍛えるゴロゴロ!

それで、私には珍しく、購入してから数ヶ月間、ずっと続いています。
そして、最近、目に見える成果が出て来まして、
ちょっと筋肉むきむきになってきたんですね♪

私は運動が好きじゃなくて、ジムとかに申し込んで登録とかするんですが、
何と!1回だけしかいかなかったり、なかなか続けられなかったんですよ・・・

その原因としては、私の内なる声が「もっとやらないと!」
って強迫的に自分に語りかけていました。

「どうぜやるんだったら、1回何時間もやらないといけない!」
とか
「自分が心地よくやったぐらいでは、何も成果がでないぞ!」
とか
「そんなんじゃ甘い!」
とか、そういった声が自分の頭にこだましていました。

それで結局圧倒されてしまって、やめちゃうんですね。
そういったパターンを繰り返しておりました。

でも、今回のゴロゴロは違う!
「とにかく、1日10回でいいから、続けてみよう」
と思って、やってみました。

あと、この本の影響も大きかったですね。

小さな習慣(スティーブン・ガイズ著)

そしたら、あれよあれよと数ヶ月、結構続いています。
そして、成果が出始めました。

これ、自分に厳しく「1日10回なんかじゃだめだぞ!」
なんてしてたら、多分、継続できてなかったです。

そうしたら、今みたいな身体にはなっていないわけで
今回の気づきとしては、継続は力なり、ということ
そして、急がば回れ、ということですかね。

また、結果が出始めると、さらに面白くなって
自発的に、もっとやろう、って思って来るのも
人間の意識の仕組みとしては面白いところです。

だから、この最初の成果がでないところを
いかにして切り抜けて行くかが、ポイントだと思いました。

これは、お仕事についても、同じことがいえるのでないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です