自分の心の声に従って生きるということについて

自分の心の声に従って生きることは、非常に重要だと思っています。

私は過去、自分の心の声に全く従って生きてなかったです。というか、そんなのがありことさえ分からなかったし、全く声は聞こえませんでした。

だから、日々、追い立てられるように生きていました。すごく忙しかった。心も身体も。

人からの目をとても気にしていました。

他の人よりも上にいかないと、ということに忙しかったです。

上司からは一番のお気に入りにならないと、とやっきになっていました。

チームメイトとの競争で、忙しかったし、そういうのが自分でも嫌でした。

今振り返ると、全然なりたい自分じゃなかったです。でも、当時はそうしないといけない、そうしないと成功しない、それが社会の常識だ、と思って、その中で一生懸命やっていました。

でも、あるとき、ふと振り返ると、何も残ってなかったです。というか残っていないのだったらまだマシですが、マイナスになっていました。人も去っていたし、お金もなくなっていた。自分の心のインスピレーションもなくなっていました。

それには愕然としました。こんなに一生懸命やっていたつもりだったけど、結果的には間違っていたのだと。

でも、それに明け暮れていても、ことは解決しません。私はそれを「最良の学び」と解釈を変えて、どうしたらもっと幸せになれるのかを考えるようになりました。

そして、今行き着いたのは「自分の心の声に従うこと」です。補足するならば、自分の直感に従ったり、自分らしく生きたり、なりたい自分になって人生を生きていく、ということです。

そうすると、簡単に言うならば、人生がより幸せになりました。このスタンスというのが、人生の幸せと、成功を作り出すと今は感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です