親が子供を虐待する連鎖について

虐待されて育った子供は、
大人になって、自分が親になった時に
自分の子供を虐待するケースが多いです。

それはなぜか?

子供の時に親から虐待を受けた時に
子供だから、親にはむかえません。

よって、自分の怒りを溜め込むんですね。

それが、大人になって、同じ状況になると
爆発します。

自分の子供を虐待してはいけないことなど
普通の大人だったら分かることです。

でも、溜め込まれた怒りが、
ある引き金によって、爆発します。

そして、それが虐待につながります。

虐待を受けた子供は自分の子供を虐待してしまう。
連鎖のように代々受け継がれて行きます。

では、最良の方法とは?

その連鎖を、断ち切ることです。

私たちの代で断ち切る。

そうしたら、次の世界が平和になっていきます。

そのためには、自分たち一人ひとりが
感情の乗っ取られない、心のトレーニングをする必要があります。

心を日々鍛錬する。

そうしたら、感情に支配されることなく
自分が主導権を握って、心を使うことができるようになります。

心のトレーニングをしていなかったら、
自分の感情に、人生を乗っ取られることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です