あんまりにも高い目標を自分に課して、失敗はさせるのはよくない件について

私はせっかちなので、ついつい高い目標を自分に課したり、また、日々のアクションも、たくさん自分に課して、それで「できなかった〜」ってなったりします。

目標達成に向けて、たくさんの行動をしたり、大きなビジョンは必要だとは思うんですが、あまりにも度が過ぎた行動目標を自分に課して、そして自分を失敗させるのはよくないです。

自分に厳しくするのは分かるんですね。また、人と比較して、「自分はここがだめだ〜」ってするのも分かります。それによって、自分を叱咤激励するわけですよね。

でも、最近思うのが、それでは自分は動かないし、また、長続きはしないと思います。

人によって違うでしょうが、自分に合ったやり方とか、自分に合った目標の設定があるように思われます。通り一辺倒でやって、それで自分がうまくできなかった、といって、あなたの能力がないとか、人より劣っていると決めつけるのは、短絡的です。

そんなことしても、自分が傷つくだけだし、自分が可哀想です。

だから、あなたが受け取りやすいように、またあなたがやる気がでるように、自分で自分を盛り上げる必要があります。

成功者の考えは、もちろん参考にはなりますが、それがすべて、あなたにとって当てはまるかは別問題です。参考にしたらいいけど、ども、それを鵜呑みにして、全く同じにしても、うまくいかない気がしています。

それよりも、自分の心の声をよく聞き、そして、自分自身が盛り上がるような動機付けを自分自身にした方がいいです。わざわざ「〜いないといけない」とか「〜しなきゃ」と教化するのは簡単ではありますが、よくはないです。本当の解決にはなりません。

だから、自分らしく生きるというのは、今までの自分と違うことを生きることになるし、人との関係性も変わります。とても勇気のいる生き方なのです。

ただ、それをやり抜いたら、ストレスのない人生に近づいたとも言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です